実用性はある?ペット保険の加入率

実用性はある?ペット保険の加入率

ペットが万が一怪我や病気をしてしまった時に役立つペット保険ですが、実際に加入する事で、治療費や手術費用は大幅に補償してもらう事が可能です。
ですが、実際に保険に加入する人は多くいるのかどうかが気になるところでもあるでしょう。

日経の報道によると日本国内で保険に加入される割合は約4%に対して、米国では20%の方々が保険を利用するといった加入率の違いがみられます。
また、別の発表によれば日本でペットのために保険に加入するのは3%にすら満たないという事も言われている程に、日本国内ではペット保険をご利用される事は非常に少ないという事が分かります。

医療保険や自動車保険など、人が一般的に利用される保険に比較すると加入率が非常に低いですが、ペットを飼っている方にとって、実は非常に便利な保険のシステムとなっています。
怪我や病気はもちろんですが、ペットが万が一他人に危害を加えてしまった際、飼い主に対して多額の賠償請求が行われる事は実際にあるケースです。

そういった賠償責任に対する補償制度もペット保険の中には組み込まれている事もあるため、大型犬など、他人や公共施設へ危害を加える可能性が少しでもある場合には、保険に加入しておくのが安心であると言えます。

お知らせ