何が違う?ペット保険と種類

一口にペット保険といっても会社やプランなど様々な違いが現れます。
会社の違いとしては、一般的な保険タイプのものから、小額で短期保険をかけられる会社など様々です。
善し悪しが分かれるよりは、それぞれの目的に応じて使い分けるのが望ましいので、各会社のメリットを把握して調査するのが良いでしょう。

また、保険によって異なるのが補償のタイプで、予め定められた割合の補償を行ってくれる定率補償と、補償の上限が定められている実額補償の2つがあります。
定率保障では、約3割から5割程度の補償が行われ、残りが自己負担を行う形になります。

補償を7割程度まで高める事も可能ではあるものの、そうすると保険料自体が高くなってしまうため、保険料の兼ね合いでご検討されるのが良いでしょう。

ペット保険は怪我や病気をした際に、治療費などを補償してくれる非常に安心なプランではありますが、保険料がかかる事に加えて、全額負担ではないためにある程度の自己負担金が求められてしまいます。
そのため、多額の手術を行った際には、その5割や7割をご自身で負担する必要があるために、中には必要性を考えてしまう方も少なくありません。
ただ、加入しておく事で、本来より治療の際の負担が軽減される事は間違いありません。